空き家手帳 空き家の悩みをまとめて解決!

空き家の基礎知識

不動産市場の最近の変化 あなたの空き家の資産価値は上がる?下がる?

価格が上昇している不動産は、戸建て住宅よりマンション

国土交通省が公表している調査データによると、 最近の不動産市場では 「土地」や「戸建て住宅」は価格がせいぜい横ばいか下落しているのに対し、「マンション」が大きく上昇しています。

この傾向はエリアを問いません。首都圏はもちろんですが、むしろマンションに適した立地が比較的少ない名古屋圏や東北地方のほうが、大きく上昇しています。

マンションは立地のいい場所にしか建たないので、不動産価格が上昇するときまっさきに値上がりするということと、マンションは自分が住む自宅需要のほか、他の人に貸して賃料収人を得る投資目的もあるため、需要が底堅いのです。

一方、土地や戸建て住宅は、基本的に郊外に位置しており、マイホームとしての自宅需要のみに支えられているので低調になっています。この背景には、世代による価値観の変化もあります。

社長が住む街の顔ぶれが変化

東京商工リサーチが発表している「社長の住む街ランキング」によると、2014年は東京・赤坂、代々木、西新宿がトップ3を占めているのに対し、2003年に1位だった田園調布は18位、同1位だった成城は13位と大きくランクダウンしています。

現在、都内でも郊外の戸建て住宅は団塊より上の世代しかありがたがりませんから、郊外にある昔のニュータウン(いまやオールドタウン)は空き家が大幅に増えています。

近年、不動産の価値は、利便性で決まる時代になりました。かつて、 世帯人数は4人が主流でしたが、いまでは1人や2人が圧倒的多数です。また、専業主婦が減り共働きが当たり前になってきています。

こうした世帯構成やライフスタイルの変化を背景に、戸建て住宅からマンションへという流れは、今後も変わらないでしょう。世の中の大きなトレンドとして、 郊外の戸建て住宅が余り、都市部のマンションは不足気味なのです。

もし空き家を売る場合、こうした不動産市場の変化をよく理解しておくことはとても重要で、基本的に戸建て住宅は早めに売るのがいいでしょう。

ピンポイントで地価が上がる場所に共通する3つの特徴

誰しも自分の資産はいいと思いがちだからです。しかし市場の評価基準は時代とともにどんどん変わっていることを忘れてはなりません。

ただし同じ都道府県でも、ピンポイントで地価が上がることがないわけではありません。そうした場所に共通する特徴は次の3つです。

  • 人口の大幅増加があった
  • 商業施設が新たに集積した
  • 新線(鉄道、高速道路)が通った

たとえば富山県富山市は、周辺から市内中心部に人口を集めるスマートシティ構想(まちなか居住推進政策)によって、住宅地の地価が上昇に転じています。 売却を検討している空き家が、こうした条件を満たすエリアにある場合については、すぐ「売り」ということではなく、もう少し様子を見てからでもいいかもしれません。

本コンテンツは、『空き家は2018年までに手放しなさい(SB新書、2016年1月)』の著者であるスタイルアクト株式会社代表取締役の沖有人氏の監修により作成しました。 スタイルアクト株式会社では、相続納税ニーズから生まれた土地売却の仕組み『スタイルランド』を提案しています。