空き家手帳 空き家の悩みをまとめて解決!

空き家の基礎知識

売却の手順と注意点 空き家を売る時の手順と注意点

空き家をどのように売るか、物件の種別ごとより具体的に上手な売り方を説明していきます。

不動産売却の流れ

権利関係に注意

まず不動産売却の大まかな流れは次の図のようになっています。これは「土地」や「戸建て」「マンション」「アパート」どの空き家も基本的に同じです。

ただ空き家が戸建て、あるいは空き家を取り壊して土地のみになっている場合に注意しなければならないのが「権利関係」です。

たとえば空き家が相続人の共有になっている場合、売却するには共有名義人全員の同意が必要となります。加えて名義がきちんと変更されているかについても確認する必要があります。 地方などでは、土地の名義が先の代から変わっていないことも結構あります。もしそうなると、叔父叔母やいとこなど、関係者全貝の承諾が必要になってきます。

つまり空き家を相続した後、いずれは売却を視野に入れるのであれば、相続の際にその名義を「とりあえず共有にしておく」という判断をすることは、得策ではないということです。

境界に注意

権利関係でもうひとつ注意しなければならないのが「境界」です。都市部でも土地の境界があいまいなケースは少なくありません。

境界があいまいなままでは、土地の面積が確定できず、売りに出すことができません。そこで隣地の所有者や、土地が接する道路を管轄している自治体との間で合意や協議をし、測量することが必要になります。 そのほかにも次のような調査や確認が必要になり、これらの手続きを済ませてようやく、売ることができます。したがって空き家を売るならその前に、こうした調査を終えなければならないことを覚えておいてください。

売却に必要な調査や確認

現地の確認

  • 現状はどのように使われているか
  • 周辺環境はどうなっているか

権利の確認

  • その土地の所有者は誰か
  • 地上権、貸借権など、利用目的を阻害する権利はないか

境界の確認

  • どこからどこまでが自分の土地か
  • 隣地との境界は明確になっているか

道路の確認

  • どんな道路に面しているか
  • 再建築の場合に制限があるか

法令上の制限確認

  • どのように使える土地か
  • どのようなものが建てられる土地か

ライフラインの確認

  • 電気・水道・ガスが引き込まれているか
  • 想定用途に対して十分な供給を確保できるか

相場情報を仕入れる

  • 資産としての評価や、市場価格はどのくらいか
本コンテンツは、『空き家は2018年までに手放しなさい(SB新書、2016年1月)』の著者であるスタイルアクト株式会社代表取締役の沖有人氏の監修により作成しました。 スタイルアクト株式会社では、相続納税ニーズから生まれた土地売却の仕組み『スタイルランド』を提案しています。