空き家手帳 空き家の悩みをまとめて解決!

空き家の基礎知識

売却価格とタイミング 空き家の価格に影響を与えるものとは

空き家を売るとき、その価格に影響を与えるものには次の4つがあります。

1. 不動産への資金の供給量

金融緩和が黒田総裁の任期である2018年まで続き、資金の供給量が増えれば価格は上がります。つまり売るなら資金の供給量が多い可能性が高い2018年までがチャンスです。

2. 不動産の需給バランス

在庫の急増で供給過多になると価格が落ちるので、売るならなるべく早い方がいいでしょう。

3. 建築費

東京オリンピック前の建築ラッシュが継続すれば、建築費と不動産価格は高くなりますが、売り在庫が増えるため、オリンピック前に売るのがトクです。

4. 賃料

都市部では反転しはじめていますが、小幅に留まっているため、賃料が下がる前に早く売るのがトクです。

これらから言えることは、在庫以外は以前と何も変わっていないということです。つまり、在庫が価格の頭打ちをもたらすものの、2018年まで下げる要因はいまのところ存在しないということです。

ただ気をつけなければいけないことは、価格が変わらず在庫が増える場合、売る人にとっては物件の販売期間が長引く可能性が高いということです。 価格は変わりませんが、「売り手市場」ではなく「買い手市場」に変化していることは肝に銘じておいたほうがいいでしょう。

以上のことから、空き家を売るなら2018年といわず、いますぐ取りかかったほうがいいでしょう。

ただ売る気があまりない場合は、下手に「高く売れるなら売ってもいい」といったムリな売り出しはやめた方がいいでしょう。 「売り出して売れなかった物件」というのは、不動産屋の間で「傷もの」扱いになるからです。

ただいずれにしても、判断のためには少なくとも、空き家の価格査定はしておいた方がいいでしょう。 インフレの止まった資産を持ち続けるか、売却して現金に換えておくか、その選択はなるべく早いタイミングがおすすめです。

本コンテンツは、『空き家は2018年までに手放しなさい(SB新書、2016年1月)』の著者であるスタイルアクト株式会社代表取締役の沖有人氏の監修により作成しました。 スタイルアクト株式会社では、相続納税ニーズから生まれた土地売却の仕組み『スタイルランド』を提案しています。